連想ゲームを応用して、独創的なアイディアを生む方法

連想ゲームを応用して、

独創的なアイディアを生む方法

「おばけと言ったら怖い!」

「怖いと言ったら鬼!」のように、

あるキーワードから他のキーワードへと連想を重ねていくゲームのことを、

「連想ゲーム」や「まじかるバナナ」と呼んだりする。

この連想の仕組みを知ると「連想を利用して独創的なアイディアを生む」ということができるようになったりする。

そこでこの記事では、心理学における人間の記憶構造についての理論に少し触れた上で、連想を活かしたアイディア発想法について解説していく。

連想ゲームを応用して、アイディアを生む方法とは

そもそも連想とは何か

人は、ある事柄を認識すると想像の中で自分の持っている記憶を探り、その認識した事柄に近いイメージやその事柄に近い概念を引っ張り出したりすることがある。

この心理作用のことを「連想(観念連合)」と呼ぶ。

満月を見てうさぎが思い浮かぶのは、全員ではない

満月を見たときに「うさぎ」を想起するのは「月の模様がウサギに見える」と言い伝えられてきた民族特有の連想だと言える。

「月の模様がウサギに見える」という認識を刷り込まれることにより、ふと満月を見たときに、ウサギが想起されたりする。このように、人間が記憶していることは民族によって違ったり、それこそ人によって違ったりする。

父親とマクドナルドに行った記憶がある人は、マクドナルドに行くと、ふと父親が頭に思い浮かんだりするだろう。

そこで「意外とマクドナルドに父親ときている人は多いのかもしれない」

「そういう思い出って意外とみんな大切にしてるのかもしれない」

みたいな気づきを連想を通して得ると、例えばマクドナルドのCMを提案するような場があれば、父親との思い出をコンセプトにしたアイディアを提案できたりすることがある。

連想を活かした発想法をざっくりと説明する

基本的に連想を活かした発想法のざっくりとした説明は、

ある事柄を想像したとき、それに付随して連想されることは人によって異なるということを利用して、「考えないといけないこと」から意識的に連想を重ねるという手法だ。

「考えないといけないこと」があったとしても、それを起点に何が連想されるかは、その人が持ち得ている記憶によって変化するので、この連想を意識的に行うだけで意外と独創的なアイディアが生まれることがある。

次の章では、その連想を活かしたアイディア発想法をより具体的に説明する。

活性化拡散モデルを応用して、連想マッピングを作る

「連想」を活かして独創的なアイディアを発想する具体的な方法は、

人間の記憶構造(脳の中でどのように記憶が整理されているのか)を説明づけた心理学の代表的な理論「活性化拡散モデル」を応用して「連想マッピング」を書くという方法で可能になる。

この説明だとちょっと難しいので、

先に活性化拡散モデルの説明をしてから、連想マッピングを紹介する。

活性化拡散モデルとは

活性化拡散モデルというのは1975年にCollinsさんとLoftusさんが提唱した、人の長期記憶のうち、言葉の意味や内容、概念などを指す「意味記憶」が、どのように記憶されているのかを説明した理論だ。

意味記憶というのは人の記憶の中でも「1日は24時間」「犬は動物」「宇宙」などのような、言葉で説明できる一般的な知識や、覚えた言葉の意味や内容、言葉の概念などのことを言う。

活性化拡散モデルでは「人間は意味記憶を『意味合いの近さ』によって整理しているのではないか」という説明をしている。つまり「意味合い」の近いものほど、実は脳内で空間的にも近い場所に保存されていて、意味合いの遠いものほど、遠い場所に保存されているという話である。

確かに人間は、自分の記憶を思い出したり、引っ張り出したりするときに、それに付随するような内容は同時に思い出されたりするが、それと全くもって関係のないことは、思いついたりしないことが多い。連想ゲームでも「無重力と言ったら、花!」と言えば、アウトになるだろう。

まとめると、このように人間の意味記憶は、意味合いの近さで結びついて整理されているのではないかと考えるのが「活性化拡散モデル」である。

活性化拡散モデルを応用して、連想マッピングを作る

この活性化拡散モデルの「意味合いの近いものほど、関係性が近い」という構造を利用してキーワードをマッピングする(位置付けていく)のが、連想ゲームを応用した発想法の具体的な手法だ。

「自分の考えたいこと」を紙の中心に書き、あとはそのキーワードから「自分にとって意味合いの近いこと」ほど中心に書いたキーワードに近くなるようにマッピングをしていく。

注意点としては活性化拡散モデルは、意味記憶のみの話をしているが、ここではアイディアの発想のために行うため、自分の個人的な体験や、体が身体的に覚えていること(言葉では説明しにくい箸の持ち方などの身体動作など)もマッピングして構わない。

このように連想マッピングを作ってみると、自分の記憶に紐づいた他の人にはできない独創的な想像を行うことが可能になる。

最後にもっと理解!「椅子」を起点に連想マッピング

それでは最後に、僕が「椅子」を起点に連想マッピングをしたので、それを見ながらより理解を深めてみよう。

考えるべきお題は「椅子における一風変わったアイディアを出すこと」だとしたとき、このように連想マッピングをして考えてみると、椅子というキーワードを通して、「動物」「虫」「人が使う」などが連想として発生している。

そこで例えばアイディアとして椅子は「人が使う」ものだから「動物」が使う椅子ってないんじゃないか?と言う気付きから、

「家で飼っているペットが自然と座ってしまうようなデザインの椅子を作れたら、椅子に座るペットが可愛くて話題になるんじゃないか」とかのアイディアを考えられたりする。

Advertisement

まとめ

活性化拡散モデルの考え方を応用した連想マッピングを作ることで、自分の持っている記憶と対応させて独創的なアイディアを発想するという手法を紹介した。

実は「ブランディング」という仕事は、あるキーワードを思い浮かべた時にそれに付随して自社の商品などが想起されるように戦略を練って行く仕事のことを指す。

例えばそれこそ「シャンプーを買おう」と思った時に「シャンプーならツバキだなあ」のような感じで、自社の製品のイメージをどうすれば人に刷り込めるか、つまりシャンプーを考えた時に連想させるにはどうすれば良いかを考えて行く。

このように連想の考え方は「まじかるバナナ」だけでなく、イメージを司る様々な領域に応用できるので覚えておくと良いと思う。

AO/総合型選抜対策カテゴリの最新記事