志望理由書を書く時の「文章表現」のポイントを3つ紹介

fashion art coffee macbook pro AO/総合型選抜対策
Photo by OVAN on Pexels.com

志望理由書を書く時の

「文章表現」のポイントを3つ紹介

志望理由書を書くときに気をつけるべき、

「文章表現のポイント」を3つ紹介する。

ポイント1「文調の統一」

第一に、志望理由書を書くときの文調を統一しよう。

文調(もしくは文体)の中でも「です/ます調」は敬体、「だ/である調」のことを常体と呼ぶ。

文調の「です/ます調」と「だ/である調」が一つの文章の中で混同することはあまりよしとされない。単純に、文調が混同すると読みにくくなってしまうため、「です/ます調」で書く場合は、ずっと「です/ます調」で、「だ/である調」でかく場合は、ずっと「だ/である調」で書こう。

基本的には「だ/である調」の方が多くの情報量を盛り込めるので、志望理由書は「だ/である調」で書くことをおすすめする。

ポイント2「引用」を、自分の考えのように書かない

第二に、誰かの考えを、自分の考えのように書かないことが2つ目のポイントになる。

他者の言葉や考えを志望理由書に書くケースがあるが、そのようなときは「」で言葉を囲って直接引用とするか、「~研究所の~さんによると、~に関しては、実現可能性が高いと言う評価をいただいた。」のように、誰が言った内容なのかがわかるように記述しよう。

例えば、フィールドワーク先でお世話になった人がくれた言葉や、自分のやりたいことの根拠などを書くときに必要になる文章技法だと言える。

ポイント3「接続詞は読みやすさを左右する」

3つ目のポイントは、接続詞を適切に使うというポイントである。

接続詞とは、前後の言葉や文を繋ぐ役割を担う品詞のことをさす。

例えば、「それゆえ」「しかし」「従って」「以上より」とか。

接続詞が正しく使えている文は読みやすくなる。

逆に使えていない文は、とても読みにくくなる。

AOや総合型選抜では、評価項目の「表現力」と言う観点を「志望理由書」や「小論文」などの文章表現力で図っていることが想定できる。それゆえ、適切に接続詞を用いて、読みやすい文章を作れるようになろう。

接続詞を使えるようになるには、接続詞の語彙の獲得をすることが大切だ。接続詞のレパートリーがないと、同じような接続詞が連続して、文章が読みにくくなることもある。

どのような接続詞があるかに関しては、https://pothos.blue/setuzokusi.htm

にわかりやすくまとまっていたので、そちらを参考にしてみてほしい。

[adchord]

まとめ

志望理由書の文章表現に関するポイントを3つ紹介した。

どんなに良い内容も、文章という形に表現できなければ誰にも伝わらない。

読みやすく、わかりやすく、誰が読んだとしても自分の志望理由を汲み取ってもらえるように、適切な文章表現を使えるようになろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました