自分を活かして総合型選抜を始めるなら「適性分析」をしてみよう

自分を活かして総合型選抜を始めるなら「適性分析」をしてみよう

自分を活かして総合型選抜を始めるなら

「適性分析」をしてみよう

自分を活かして総合型選抜を受けたい。なるべく自分が活きるテーマ選びをしたい。このような動機から総合型選抜を受けようと思った方は多いと思う。そこでこの記事では、自分が活きるテーマ選びをするために、経営戦略に用いられる考え方を総合型選抜へ応用した手法「適正分析」を紹介する。適性とは、自分がどれほど活きているか、あるいは自分に向いているかという指標を意味している。

ペルソナを総合型選抜に応用する

ビジネスの世界で用いられる「ペルソナ」という考え方を総合型選抜に応用することで、自分自身の適性を発見することを可能にするのがこの記事で紹介する方法である。

ペルソナとは、サービスや商品を誰に使ってもらうかを考えるために、典型的な利用者像をイメージするための手法だ。例えば婚活アプリを開発している時なら、婚活をしている人物像を具体的にイメージしていく。そして、そのイメージされた人物像に使いやすいアプリにするにはどうすれば良いかなどを考案していく。

この「ペルソナ」を応用することで自分の適性は見えやすくなってくる。具体的には、自分が取り組んでみたいテーマにおけるNo.1的存在、つまり、高校生の中で最もそのテーマを深められている者の人物像をイメージし、その「人物像」に自分がどれほど近いか、あるいは遠いかを判断していく。

その「人物像」に自分が近い存在であるほど適性は高く、遠くなるテーマであるほど適性が低くなるという視点で適性分析ができるようになる。

人種差別というテーマで考えてみる

例えば「人種差別」を一度も受けたことのないA君と、留学先で毎日「人種差別」を受けてしまっていたB君がいたときで考えてみる。このテーマであれば、人種差別を体験してない人よりは体験している人の方が理解が深く、そしてその人種差別がなぜなくならないかを理解している人間の方が、その問題に関して解決策を考えやすくなると仮定すると、

人種差別を体験していて、それについての解決策を考えるような研究を高校時代に行なっている、あるいはその解決のために行動しているような人を「そのテーマにおけるNo.1の人物像」と設定することができる。

このケースではBくんの方が「No.1的人物像」に近く、A君の方が遠いことがわかる。このように、自分がどれほど「No.1的人物像」に近いかを観察することで、あるテーマへの自分の適性が感覚的に把握できるようになる。

このペルソナで見えてきた人物像はもちろん想像上の人物なため、これは自分の適性を感覚的につかむことにしか利用できない方法だが、この方法を用いると、自分がどういった素養を身につける必要があるのか、あるいは何に向いているかを認識できるようになっていく。

Advertisement

より自分の適性を活かしたテーマ選びをするための、3つの視点を紹介

そしてこの適性は、ブルーオーシャンであるほど適性が向上するという性質と、努力すれば向上していくという性質と、よりテーマを絞っていくことで適性が向上するという性質を帯びている。この3つを理解することで、より自分の適性を活かしたテーマ選びができるようになる。

ブルーオーシャンを選択するという視点

高校生の中でサッカーや野球をする人口は極めて多いが、高校生で北欧家具の分析をする者は少ない。これはかなり極端な例ではあるが、要は周りの人が選んでいないようなテーマを自分が選べれば、それだけで自分自身の適性は高くなる。このように競合が多く競争が激しい領域のことを経営戦略の世界で「レッドオーシャン」と呼び、競合が少なくあまり競争の激しくない領域のことを「ブルーオーシャン」と呼んだりする。

多くの人がテーマにしやすいレッドオーシャンであるほど、適性を向上させることは難しくなる。しかしブルーオーシャンであれば、見つけた瞬間にほぼNo.1であるケースもある。

努力して適性を上げていくという視点

部活に入って何かに打ち込むと、最初はそれがうまくできなくとも、できなかったことができるようになったりする。これと同じで、あるテーマも選んだ時は適性が低くても、勉強や行動を重ねていくことで適性は向上し、No.1的存在へと迫っていくことが可能になる。受験は出願期間が決まっているため、適性を伸ばせる期間がどれほどあるのかを理解することが重要となる。

よりテーマを絞るというという視点

「怪我で苦しむ人を救う」というテーマの広さであれば、怪我をした人や怪我を通して苦い思い出がある人、スポーツに何かしらの形で従事したいと思っている人などがそのテーマを扱うことが可能になるが「怪我を未然に防ぐにはどうすれば良いか」とテーマが絞られると「怪我後の対応」は関係なくなり「怪我の未然対応」がテーマとなる。テーマを狭くすることにより、自分にとって適性の高くなるようなテーマにしていくことも可能となる。

Advertisement

 

まとめ

経営戦略を応用した適性分析を紹介した。

まとめると、自分が進みたいと思っているそれぞれのテーマにおけるNo.1的存在と、自分がどれほどの近さにあるかを考え「そのテーマにおけるNo.1の人物像」に自分自身が最も近くなるようなテーマが、自分に適性のあるテーマという考え方をすることができるという方法であった。

自分の適性を見るのは意外と難しく、自分自身を深く理解できていると思っていても、本当はあまり理解できていなかったりすることもある。だからこそこの方法に加えて色々な分析方法を試しながら、自分に向いていることや自分を活かすテーマを考えていくことをおすすめする。

AO/総合型選抜対策カテゴリの最新記事