(小論文のポイント解説) 「解ききれない…」を防ぐための試験時間の使い方を紹介

(小論文のポイント解説) 「解ききれない…」を防ぐための試験時間の使い方を紹介

(小論文のポイント解説)

「解ききれない…」を防ぐための

試験時間の使い方を紹介

小論文の試験で、

「試験はじめぇえ!」と言われてから、

「やめ!ペンを置けぇ!!」と言われるまでに、

どういった順番で、何に取り組むと、

効率的に時間を使うことができるのかをこの記事では説明していく。

小論文の試験中にやらないといけないこと

小論文の試験中にやらないといけないことは、以下の通りに分けられる。

1:問いの読解

2:資料文の読解(資料文がある場合)

3:構成メモ…小論文の構成を立てる

4:小論を実際に書く

小論は書いた文章で評価がされるため、文章が書き終われなかった場合は大きな失点を生む。だからこそ与えられた制限時間を効率的に使って、どんな問題が出たとしても解き切れる状態を目指そう。

それを可能にするためには「制限時間を効率的に使う」ことが大切だ。時間を有効に使えなければ、解ききれたはずの試験も解ききれなくなってしまうことがある。

 

時間のかかることに「ちゃんと取り組める時間」を、先に確保しておく

結論、小論文の試験時間を無駄なく効率的に使うポイントは、

「時間のかかることにちゃんと取り組める時間を、先に確保しておく」というポイントに集約される。

小論の試験中にやらないといけないことの中で「時間がかかること」は、「資料文読解」と「実際に小論文を書く」ということの2つだろう。そしてこの2つは「試験はじめ!」と言われた瞬間に、どれくらい時間がかかりそうかの「目処が付けられる」ものでもある。

「資料文読解」は、資料文の枚数を確認すれば、

「自分の読むスピード的に、だいたいこれくらい時間あれば読めそうだよな」と、わかる。

「実際に小論文を書く」に関しても、小論文の字数を確認すれば、

「自分の書くスピード的に、だいたいこれくらいの時間があれば書けるな」と、わかる。

「そこで見えてきた時間」を先に確保しておいて、他にやらないといけないことを「余った時間でやる」と心がけると、小論文の試験中の時間割がだいたい見えてくる。

具体的には、問いの読解に使える時間と、構成を立てる時間が、「余った時間でやるべきこと」だとわかるので、それぞれにかけられる時間を「余った時間」から割り振る。

もちろん、時間割通りに完璧にこなせないとは思うけれど、それを目処にやるべきことを終わらせるタイミングを調整していくと、試験時間のコントロールがしやすくなるぞ!

 

Advertisement

 

確保すべき時間を決めるまでの流れを具体的に説明

それでは最後に、確保すべき時間を決めるまでの流れを具体的に説明する。

1:まずは小論文をパラパラめくろう

「試験始めえええ!」と言われたら、

まずは落ち着いて配られた問題用紙をパラパラめくっていこう。

そこでまずは、「どこに問題が書かれているか」と、

「資料文の枚数は何枚くらいか」の2点を確認して欲しい。

小論文は、問いが書かれている位置が決められていないので、最後のページに問題があったり、資料と資料の間に問題が書かれていたりするケースがある。

問いを確認しないまま解き進めてしまうと、

「え、問題まだあんじゃん!やば!時間たんない!」

みたいなことが起きるので、必ず最初に問いの位置を確認しよう。

それと、この段階で読解が必要な資料の量がわかるので、資料文読解にかかる時間に目処を立てよう。感覚で決めていい。小論文の練習を重ねていけば、その感覚もだいぶ合ってくると思う。

次に問いの読解をして、字数を知る

パラパラ資料をめくったら、次にすべきは問いの読解。

問いの読解をするときのポイントは「(小論文のポイント解説)問いの読解をする時のポイントを解説」の記事で詳しく説明しているので今回は省く。

今日は時間活用術の話なので、この段階で確認すべき「小論文の字数」の話をする。字数を確認し、「その字数を書ききるために必要な時間」に目処を立てよう。

「今回は800字か、

内容が決まってれば俺の書くスピード的に、まあ30分あれば書けるな」

みたいな感じ。

行き当たりばったりよりは、時間割決まってた方が良い

ここまでくると、

「制限時間の中で確保しておかないといけない時間」が見えてくる。

「資料文読解にかかりそうな時間」と、「小論文を書くのにかかりそうな時間」を、小論文を実際に解き始める前に確保しておこう。

それで残った時間を「問いの読解」と「構成メモ」の時間に当てる。

そういう風に考えていくと「予想外に何かに時間がかかり過ぎてしまって、解ききれなかった…」みたいな状態を防ぎやすくなるよ!これを最初にしておくだけで、行き当たりばったりに小論を解いていくよりは、解き切れる確率を高めてくれる。

Advertisement

まとめ

この記事では、小論文の試験時間における「時間の使い方」を紹介した。

とにかく一番大切なのは、小論は書ききれないと大きな失点になってしまうということを肝に命じて、解き切ることを最優先に考えることだ。

この時間割を作るというのもその状態を防ぐための一事例にすぎないので、解き終われる工夫を自分なりにも考えてみよう。

小論文のポイント解説カテゴリの最新記事