【立教大学 経済学部 AO入試情報まとめ】入試の特徴や、学部別の出願資格など詳しく解説

立教大学

【AO/総合型選抜情報まとめ】

立教大学 経済学部

本記事では、立教大学経済学部のAO/総合型選抜入試の情報をまとめています。まとめている内容は、学部の説明、この学部で学べる内容、AO/総合型選抜の出願書類、出願資格、倍率、スケジュール、試験形態、求められている人物像などです。

なお、当情報は、2021年度入試の情報を基にしています。掲載にあたり、抜粋、割愛している箇所もあるため、詳しくは、必ず立教大学の公式ホームページから情報をご確認ください。

立教大学経済学部のAO/総合型選抜入試の概要

立教大学経済学部では、経済学科、経済政策学科、会計ファイナンス学科の3つの学科が設置されており、それぞれの学科でAO/総合型選抜入試が行われています。

経済学部の募集人数は、3学科合計で20名程度となっており、募集人数自体は多くありません。

一方で、出願資格自体は、英検二級程度の英語資格のみで、比較的出願はしやすいです。評定平均の基準や、活動記録なども特に求められません。

提出書類も志望理由書のみです。

立教大学の経済学部の自由選抜入試の特徴は、二次試験における「総合科目」という試験があることです。この総合科目では、経済学にまつわる数理的処理能力が試される高度な試験内容です。この総合科目と面接試験によって行われる二次試験の倍率が高いことが特徴です。

立教大学経済学部のAO/総合型選抜入試は、出願自体は比較的容易なものの、経済にまつわる高い知識が求められ、特に二次試験における「総合科目」が難関であると言えるでしょう。

設置されている学科と特徴

経済学科

基本選択科目に配置された基本的な経済理論を履修するとともに、その知識を元にして経済学の諸分野について各自の関心や興味に応じて系統的に学ぶことができます。

経済政策学科

「政策分析概論」や「政策情報処理」などを学ぶことを通して、より実践的な政策立案能力を養成することができます。

会計ファイナンス学科

「簿記」、「中級簿記」、「上級簿記」などを履修することで、会計学を実践的かつ段階的に学びます。また、「金融論」、「証券経済論」など多様なファイナンス関連科目も履修することができます。こうした学習を通じて税理士・公認会計士などの資格取得を促進します。

 

立教大学 経済学部のAO/総合型選抜 情報

試験の名前:自由選抜入試

自由選抜入試とは

自由選抜入試とは、志望する学部に関連した高い能力を持つもの、あるいは学業以外の諸分野の活動で秀でた個性を持つもので本学ならびに各学部の教育目的を理解しそこで学びたいという熱意のある学生を受け入れることを目的としている。

募集人数

経済学科
経済政策学科
会計ファイナンス学科


合計で20名程度

倍率

(*2020年度入試結果)

経済学科 
男子 7.5倍 女子5.6倍
経済政策
男子 9.3倍 女子3.3倍

会計ファイナンス学科
男子 16倍 女子 合格者なし

実際の出願人数と一次合格者数、最終合格者数

主な出願資格

立教大学経済学部の出願資格(経済学科、経済政策学科 共通)

・英検二級程度の英語資格
具体的には次の(a)~(h)いずれかの成績を取得している者。
(a) ケンブリッジ英語検定スコア 140 点以上
(b) 実用英語技能検定[英検]スコア 1,950 点以上(従来型、英検 CBT、英検 2020 1day S-CBT、英検
2020 2days S-Interview いずれも可)
(c) GTEC スコア 960 点以上(CBT タイプ、検定版(4技能)いずれも可)※オフィシャルスコアに限る
(d) IELTS(Academic Module)オーバーオール・バンド・スコア 4.0 以上
(e) TEAP スコア 225 点以上
(f) TEAP CBT スコア 420 点以上
(g) TOEFL iBT スコア 42 点以上
(h) TOEIC L&R のスコア

ソースはこちら

立教大学経済学部の入試要項、出願資格

主な提出書類

立教大学経済学部の出願書類は志望理由書のみです。

・志望理由書(2000字程度)

対象:経済学科、国際経済学科

二次試験内容

面接試験

総合科目
主に現代の政治や経済に関する知識や関心、基礎的な数学的分析能力を問います。

出願日程

2021年度入試の日程

Web 出願期間 : 2020 年 9月 23 日(水)~10 月 1日(木)

一次選考合格発表:2020 年 10 月 27 日(火)

二次試験日:

:2020 年 11 月 14 日(土)

二次試験合格発表日:2020 年 12 月1日(火) 11:00

[adchord]

立教大学 経済学部の自由選抜入試に向いている人って?

立教大学経済学部のアドミッションポリシー

立教大学では、各学部において、欲しい人物像を【知識・技能・態度・体験】という項目に分けて記載しています。この人物像に添えるように、自身が努力することが求められるでしょう。

知識

経済学に関する特別の知識などは必要がないが、高等学校教育課程の全ての科目に対し真面目に取り組み相応の知識を有している必要があります。また、高い国語能力に加えて、外国語や数学の十分な知識が必要となります。また、社会科学を学ぶ学部であるので歴史や社会などについての水準以上の関心と能力を有していることが望まれます。

技能

日本語および英語などの語学力は習得しておくべき不可欠の技能と考えています。また、社会的な諸問題に関する常識と深い洞察力や感受性も重要な技能と言えます。大学では多くの文献を講読しますので、読書量が多く優れた読解力を身に付けておくことも重要です。

態度

社会問題に深く関心を有する態度がまず必要です。その際、高い倫理観と共に社会的弱者に対する優しい眼差しを有していることも重要なことと考えています。また、大学では多様な文化的背景や生活体験を有する人々と接します。そうした人々と共に学ぶためには偏見や差別意識を有さないことは当然の態度です。豊かな感性と社会常識を持ちながら、様々なことに積極的にチャレンジする意欲のある学生を求めています。

体験

基本的には高等学校で学習や行事に積極的かつ真面目に取り組んできた体験が大事です。その上でスポーツやクラブ活動、生徒会活動、ボランティアなど、何か真剣に取り組んできたことがあればより望ましいことと考えます。

おすすめの併願大学

・上智大学 経済学部

・法政大学 経済学部

AO/総合型選抜を進めたい方はこちら

AO FILE では、誰でもAO/総合型選抜を学び、深められるようなサービスを提供しています。

志望理由書のテーマの決め方、深め方、研究の進め方、志望理由書の書き方などを知りたい方は、以下の記事等も参考にしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました