志望理由書はいつ頃から書き始めるべき? 志望理由書を書くタイミングについて解説

pen calendar to do checklist AO/総合型選抜対策
Photo by Breakingpic on Pexels.com

志望理由書はいつ頃から書き始めるべき?

志望理由書を書くタイミングについて解説

この記事では、志望理由書を書き始める一番いい時期について、わかりやすく解説していこうと思います。

志望理由書を書き始める、一番いい時期とは?

結論から言うと、志望理由を書き始めるいちばん良い時期は「出願の1ヶ月前」と言えます。その理由は主に2つあります。

理由その1:志望理由の内容が決まっていないと作れない書類がある

志望理由書の内容が決まっていないと作れないような出願書類がある場合、出願まで一ヶ月を切ってしまうと、他の書類を制作する時間がなくなってしまうという問題があります。

例えば、SFCのAOで求められる自由記述書は、A42枚で自由に自己表現できるという出願書類ですが、ここで表現する内容は、志望理由書に何を書くかに多少影響を受けます。

どう言う影響かと言うと、志望理由に書く内容が決まっていないと、自由記述に何を表現するかが決めにくくなってしまうと言う影響です。なぜそのような影響が生まれてしまうのかと言うと、自由記述書が、志望理由書に書く内容を図式化したり、志望理由書で語りきれなかった部分を表現するみたいなことができるからと考えられます。

このケースでは、志望理由書に書く内容があらかた決まっていれば問題ないケースと言えますが、総じて、出願の1ヶ月前くらいには志望理由書の内容がある程度固まっていた方が、他の書類が作りやすくなる事例はたくさんあると考えられます。

理由その2:書くのが早すぎても、内容が変わってしまう

2年生の秋とかに志望理由書を書いたとしても、その後の出願までの1年間で勉強を深めれば、志望理由書に書ける内容は大きく変化するでしょう。

だからこそ、書く内容に大きな違いが生まれるのあれば、かなり早いタイミング(出願の半年以上前とか)に、志望理由書を書かなくても良いと考えられます。

もちろん、志望理由書を1回書いてみることで気付くことなどはあると思うので、書くこと自体に意味はあると思います。例えば、文章表現力を向上させる良い練習にはなります。

ただ、出願よりかなり前なのであれば、志望理由書を書くよりも、その内容を深めたり、活動をしたりして、志望理由の内容に当たる部分の勉強を深めていくことの方が大切と言えるかもしれません。

その方が最終的に、質の高い志望理由書を作ることにつながっていく可能性が高いと考えられます。

[adchord]

志望理由書対策でやるべきことって何?

Q:志望理由書を文章化するタイミングまでにやるべきこと

A:志望理由を固めるために、勉強/活動をする

志望理由書を文章化するタイミングまでにやるべきこととしては、

「志望理由書の内容を固めるために学ぶこと」が重要と言えます。

大学で学びたいことは、自分のテーマを深めていけばいくほど考えられるようになっていくという性質を帯びています。

部活などを取り組んでいく中で、自分の競技レベルが上がったり、その活動に対してわかることが増えてきたりすると、何が自分に足りないか、何を学ぶべきかを考えられるようになったりした経験があるのではないでしょうか。

それと同じで、自分がやりたいことや、大学進学後の志などを定め、それを達成するための勉強や活動を進めていくと、より大学で何を勉強すべきかが理解できるようになり、より自分の志望理由を考えられるようになったりします。

出願の約1ヶ月前まで(志望理由書を文章化するタイミングまで)は、志望理由書の内容を決めていけるよう、そのための勉強や活動自体を進めていきましょう。

志望理由を書くことよりも、その内容に価値をおく

実際、志望理由書を書くという作業自体は、およそ1000字〜2000字程度で文章を書くという作業が求められるに過ぎません。(字数に関しては、多いところで3000字程度、少ない大学では300字程度で書かされる事例はある)

数学であれば、問題が解けなければ回答欄に答えを書くことはできませんが、志望理由書は、何かしら書こうと思えば書けてしまうものであるということです。

だからこそそこに書く中身、つまり志望理由書の内容が何より大切になると考えられると思います。

「どれほどテーマを深めた状態で、志望理由書を書く時期を迎えられるのか」

そこに重点をおいて、対策を進めていくことが大切だと言えるのではないでしょうか。

志望理由書が書けた!と言うことに一喜一憂するより、そこに何を書くかが大切です。

Q:1回文章化できたら、志望理由書は残りの1ヶ月間、どうすればいいの?

A:志望理由書の推敲

1回志望理由書を文章化できたら、あとは推敲(その内容をより良くするために取り組むこと)を重ねましょう。

時間の許す限り、自分の志望理由書の問題点の発見を行い、その解決を図るサイクルを回していくと良いです。

信頼のできる人に志望理由書を添削してもらったりして、内容の問題点を見つけそれを解決できるよう務めましょう。

志望理由書の添削を人に任せすぎると、自分がその大学の進学を強く望む理由や、自分がやりたいことが何かなどが分からなくなってしまうケースなどがあります。なので、その自分の核の部分はブレないよう、忘れないよう、大切にしながら、推敲を重ねていくことが大切です。

志望理由書の推敲は主に、内容に矛盾点がないかとか、文章表現がわかりにくいところがないかなどを探してみると良いと思います。

志望理由書対策の流れとは

ここまでの話をまとめると、志望理由書対策に取り組む流れは以下のようになります。

1:志望理由に書く内容を定める時期を過ごす

まずは、自分がやりたいことや、自分の志などを定め、それを達成可能にするための勉強や活動を進めていきます。より大学で何を学ぶべきかが理解できるように自身を成長させ、自分の志望理由を深く考えられる状態を築きましょう。

出願の約1ヶ月前までに、志望理由書に書く内容が定まっているとベストだと思います。

出願の1ヶ月前に志望理由書を1回文章化できると、いい感じの進み具合

出願の約1ヶ月前に、志望理由書を一度文章化してみましょう。

つまりそのタイミングまでに、志望理由の内容がある程度定まっているという状態を目指します。

また、志望理由書の内容が定まらないと作れなかった出願書類の制作も始めましょう。

残りの出願までの期間は、志望理由の推敲を。

志望理由書を一度文章化したら、残りの出願までの期間で、その内容や文章表現などの推敲を時間が許す限り繰り返していきましょう。

まとめ

志望理由書は、少なくとも出願の1ヶ月前を目処に文章化できるようにしたいという説明をしました。

理由は主に2つで1ヶ月前にある程度は志望理由の内容が固まっていないと他の出願書類が作れないからというのと早いタイミングで志望理由書を書いたとしても結果的にその後活動を重ねれば、志望理由書に書く内容が変わってしまうからでした。

今日の記事の内容はあくまでも目処であり、早くからAO/総合型選抜に取り組もうとする人に向けたスケジューリングの助けとなるよう製作した意図があります。

一ヶ月前に文章化できないと受からないというわけではないし、本来はギリギリまで内容は悩んだりするものだと思うので、一つの目安として受け取って欲しいです。

ただ一点だけ大切なことに触れておくと、志望理由書の内容を洗練させていく活動や勉強というのは、時間がないとなかなかできないものだということを覚えておいてください。

つまり、自分が問題だと思う事柄を自分の目で見に行ったり、またその問題解決のために今できる活動を実行してみたりする歩みは、時間がないとできないことです。少なくとも出願の一ヶ月前には、そう言う時間を過ごしにくくなってきます。

だからこそ、出願期間までのスケジューリングを立てて進めていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました