(小論文のポイント解説)タイトルをつけなさい!の攻略方法

(小論文のポイント解説)タイトルをつけなさい!の攻略方法

(小論文のポイント解説)

タイトルをつけなさい!の攻略方法

小論文の問題の中には、

「資料1〜資料3それぞれに、わかりやすいタイトルをつけなさい」などのように、

短い文字数でタイトルをつけさせるような問いが出題されることがある。

こういうトリッキーな出題がされると、

「タイトルってどうやってつければいいの?!」

「そんな問題、解いたことないだけど!!」

みたいに慌ててしまって思考停止になってしまったり、予想外に解答に時間がかかってしまったりする人が多い。そこでこの記事では、タイトルをつける問題の攻略方法について解説していく。

また、AO file を運営するAO-designでは、AO/総合型選抜専門の家庭教師サービス【AO-tutor】を運営している。小論文対策も可能だ。詳しくはこちら

タイトルをつける問題の出題例

タイトルをつける問題には大きく分けると2つのタイプがあり、一つは用意された資料文にタイトルをつける問題で、もう一つは自分が書いた小論にタイトルをつける問題の2つがある。

資料文にタイトルをつける方の問題の出題例としては、8つの資料文それぞれに35文字くらいでタイトルをつけなさいと出題された事例などがある。

また自分の小論文にタイトルをつけるときの事例としては、自分が大学に入ってから取り組みたい研究プロジェクトを考案し、その研究プロジェクトのタイトルをつけるみたいな出題がされた事例がある。

タイトルをつける問題は、要約の一つの形態

タイトルをつけなさいみたいな一風変わった出題がされると、

「タイトルってどうやってつければいいんだろう」

「自分が考えたタイトルは、タイトルと言えるのかなあ」

みたいな不安を抱えて、問題の攻略が遅くなってしまう人が多い。

しかし落ち着いてタイトルの言葉の意味を考えて見ると、タイトルというのは日本語では表題という言葉に当たり、その意味は「内容を短く言い表した言葉」であることに気付ける。

つまり簡単に言えば「説明されている事柄を一言でパッと表す言葉」がタイトルということになる。説明されている言葉を短くまとめるというのは、つまり要約をするということだ。このように考えて見るとタイトルは、要約の一つの形態だと気付ける。

Advertisement

タイトルをつける問題の攻略方法

タイトルをつける問題は、タイトルをつけないといけない文章内容の「重要キーワード」を発見し、それを1つの文章にまとめていくという方法が効果的だ。

タイトルをつける問題の字数制限は大体、35文字とか20字くらいであることが多い。そうなると現実的に、2つ以上の文章を作ることは難しくなってしまう。つまりタイトルをつける問題は「基本的に一文で要約をする」という作業を意味する。

1文しか作れないとなると、文章と文章のつながりとかを考える必要がなくなる。ひとつの文章は、単語と単語の組み合わせによって生成されるため、

「一つの文を作る」=「どの単語と単語を組み合わせるかを考える」

ということになってくる。

だからこそ、タイトルをつける問題は、タイトルをつけないといけない文章内容の「重要キーワード」を抜き出し、それを文章全体の意味が伝わる形で組み合わせていくという方法が効果的だ。

資料文のタイトルをつけるときのポイント

資料文などのタイトルをつけるときは、戸惑ったり悩みすぎてしまうと、意外と時間が食われるということがある。

そこでおすすめなのが「資料文を一回読んで、その場ですぐにタイトルをつける!」という方法だ。

基本的に小論文は、多く字数を書かせる問題に配点が高く設定されていることが多いので、タイトルをつけるような短い字数の問題は失敗してもそんなに点数が引かれないケースが多い。一番の問題は、タイトルをつける問題に悩みすぎて、点数配点の高い問題に時間を割けなくなるという状況なので、早めに切り上げる意識を持とう。

まとめ

タイトルをつける問題の攻略方法を紹介した。

基本的にタイトルをつける問題は、考えすぎるとわかんなくなってくることが多い。

「一回読んで、すぐつける!」みたいな感じで、意外とパッとやってしまっても問題ないケースが多い。

重要キーワードをどうやって発見するかに関しては、基本的に要約をするときのポイントと同じなので、どうすれば資料文から重要キーワードを発見できるのかがよくわからない人は、要約について説明した~の記事を参考にしてみてほしい。

あとは「魅力的なタイトルにしろ」とか「サブタイトルもつけろ」とか、「一言で意味がわかるようにしろ」のように、問いによって同じタイトルをつける問題でも条件が変わってくることがあるので、基本的には「1文で要約をする」ということを意識した状態で、課せられた条件も守るということを忘れないで問題に答えよう。

AO専門家庭教師があなたの受験を完全サポートします。

>詳しくはこちら

「AO受験について、自身の状況や受験戦略に合わせて相談したい」

「AO対策って何をやったらいいのかわからない。受かるために今からできることを教えて欲しい」

AO file を運営するAO-designでは、AO/総合型選抜専門の家庭教師サービス【AO-tutor】を運営しています。

AO tutorは、日本初のAO/総合型選抜専門のオンライン家庭教師サービスです。

AO/総合型選抜で難関大に合格した実績のある選りすぐりの家庭教師が、あなたのAO/総合型選抜を徹底指導いたします。

AO tutorでは、AO/総合型選抜対策として、書類対策(志望理由書、自己推薦書、自由記述書、課題レポート、自己PR書類など)、小論文対策、面接対策をはじめ、AO受験の受験戦略の策定や志望理由書のテーマ決め、研究指導などを行います。これらの内容を各生徒様に合わせて、完全個別にカスタマイズしてお届けできるため、無駄が一切ない質の高い授業をお届けできます。

 

AO-tutorの3つの特徴

1.完全個別の指導だから 着実に身につく

AO-tutorは生徒様一人ひとりにマンツーマンで講師が担当します。そのため、担当教師は生徒様の学習状況をよく理解することができます。 AO/総合型選抜の対策は、生徒様一人ひとりによって進捗が大きく異なります。一律に皆、同じ授業や対策を行うことが対策になるわけではありません。

AO-tutorの家庭教師制度では、講師が生徒様の学習状況や目標をしっかり把握し、生徒様の力が最も伸びるように最適化されたオーダーメイドの指導をご提供します。 また、完全個別だからこそ、生徒様のご要望によって、指導回数や柔軟に調整することができます。

2.日本トップクラスのAO専門講師のみ在籍

AO-tutorに在籍している家庭教師は、自身が東大/早慶らの厳しいAO入試を乗り越えた経験と、豊富なAO指導歴のもつ講師たちです。

AO-tutorでは選考率10%以下の厳しい試験をくぐり抜けた講師のみが在籍しています。AO/総合型選抜は一般入試とは大きく対策方法が異なりますが、学校の先生や一般対策塾の先生はそのノウハウやコツを知りません。だからこそ、AOに特化した家庭教師による指導が重要になるのです。

3.完全オンラインでお安く

AO-tutorの家庭教師は完全オンラインサービスです。完全オンラインだからこそ、いつでもどこでも柔軟に授業を受けられます。オンラインであることで、他よりも費用を抑えられます。なぜなら、テナント代や交通費などがかからないため、お安く質の高い講師の指導を提供することがで切るのです。また、送迎や茶菓子の用意なども必要なく、感染症の心配もございません。

まずは無料体験から

AO-tutorでは、60分の無料体験授業を受けることができます。
無料体験授業では
「AO/総合型選抜ってそもそも何?」
「AOと一般受験の両立ってできるの?」 といったお悩み相談から、 各個別の生徒様にあったAO指導まで幅広い形で授業を行うことが可能です。

体験授業が完全無料ですので、AOについてもっと知りたい、ひとまず対策方法について聞いてみたいといった人でも まずはお申し込みください。

 

小論文のポイント解説カテゴリの最新記事