【AO/総合型選抜】フィールドワークって何?重要性や、行い方などを詳しく解説!

anonymous person with binoculars looking through stacked books AO/総合型選抜対策
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

【AO/総合型選抜】
フィールドワークって何?
重要性や、行い方などを詳しく解説!

AO/総合型選抜を進めていく上で、「活動を行いなさい」「フィールドワークに行きなさい!」と言われたことはありませんか?

AO入試では、自身の研究テーマにどれだけ熱心に取り組んだか、が問われます。そのため、フィールドワークなどを重ねた人は新たな発見もできますし、熱意を相手に伝えやすいです。

そのため、AO入試では、自身の研究テーマを深めるためにフィールドワークを行うことは重要です。

今回の記事では

・フィールドワークとは何か
・研究においてフィールドワークを行う意義
・AO/総合型選抜におけるフィールドワークの位置付け
・フィールドワークの行い方

について解説して行きます!

フィールドワークとは何か

フィールドワークとは

研究室外でおこなう調査・研究。実地研究。野外調査。

新辞林

を指します。

つまり、「机で勉強するんじゃなくて、実際の現場に赴いて調査を行う」

という意味になります。

実際のフィールドワーク活動の例としては

・現地の人にインタビューを行う
・現場で行われていることを観察し、記録する
・自分で考えた解決策を検証/実行する

などが挙げられます。

研究においてフィールドワークを行う意義

フィールドワークを行うことのメリットは

実際の現場で起きている「生」の出来事を観察、調査できる

という点です。

自身の研究テーマを深めていく上で、本や論文などを読んで調査を進める場合が多いと思います。

しかし、本などに書いてある情報は、古かったり、ある特定の場所に限られた内容であったりする場合があります。

つまり、実際のあなたの研究対象とは異なる場合や、ズレが生じる場合がほとんどです。

その場合、実際に自分の対象としている研究対象を「自分で観察、調査」することが重要なのです。

フィールドワークを行うメリット

新たな気づきが得られる

フィールドワークを行うメリットは「新たな気づきが得られる」ことが最も大きいです。

たくさんの本を読んで、論文を読んでいたとしてもどうしても進まない、、と感じている時に、実際に現場に訪れることで、自分に見えていなかった気づきがあることが多いです。

また、自分が「問題」なんじゃないかと考えていることが、実は「問題」じゃなかったり、自分が全く「問題」じゃないと思っていたことが実はすごく「問題」だったりする場合があります。

そのような気づきを得られれば、研究も進んで行きやすいです。

オリジナリティになる

研究には、新規性やオリジナリティが求められます。

その二つの問題をクリアするのに最も寄与するのが「フィールドワーク」を行うことです。

あなたが実際に現場に赴いて、インタビューを行ったり観察したことは「あなたしか知らない」ことです。

そこであなたが考えたこと、感じたことは紛れもない「オリジナリティ」であり大きな価値となります。

研究を進める上でオリジナリティ/新規性を追い求める場合にも「フィールドワーク」はとても重要なわけです。

[adchord]

AO/総合型選抜におけるフィールドワークの位置付けと必要性

AO/総合型選抜におけるフィールドワークの位置付けと必要性は主に二つの意味ありがあります。

面接で聞かれる

面接で、あなたが実際に研究や志望理由書のテーマを進めるにあたって「どんな活動を行ってきたの?」と聞かれることがとても多いです。

それはなぜかというと、あなたの熱意を測っています。

自分の研究を深めるにあたって、フィールドワークを行うほどの熱意を持って取り組んだ!と回答することができれば評価が高いですし、研究としての質も上がります。

その意味で、面接でフィールドワークについて聞かれる場合がよくあります。

活動報告書、記録書にに記述する必要がある

例えば、慶應SFC、慶應法学部、立教大学コミュニティ福祉学部、法政大学 国際文化学部、中央大学法学部など、多くの大学のAO.総合型選抜の出願書類には

「活動記録」を記載する書類があります。

そこには、実際に自分が行った研究活動の一環として、フィールドワークについて書くことは評価が高いです。

したがって、これらの書類に落とし込み、他の受験生と差別化を図る必要があります。そのためにも積極的にフィールドワークを行っておくことは大事です。

[adchord]

フィールドワークの行い方

フィールドワークの行い方としては

①フィールドワーク先を決める

②フィールドワーク先で行うことを決める

③フィールドワーク先へのアポをとる

④実際にインタビュー調査や観察、アンケートを行う

と言った手順です。

フィールドワーク先は、小学校かもしれませんし、専門家へのインタビューかもしれませんし、シンポジウムへの参加、マイノリティ当事者へのアンケートかもしれません。

その対象を決め、何をするのかを決めましょう。

実際のフィールドワークにおけるアポイントメントの取り方などは

フィールドワークの仕方、メールの送り方、フィールドワーク当日の注意点を解説

の記事をご覧ください。

また、具体的なフィールドワーク調査の進め方に関しては、

志望理由が進まなくなったら現場にいこう!フィールドワークのすゝめ

の記事もご覧ください。

AO/総合型選抜を進めたい方へ

AO FILE では、誰でもAO/総合型選抜を学び、深められるようなサービスを提供しています。

志望理由書のテーマの決め方、深め方、研究の進め方、志望理由書の書き方などを知りたい方は、以下の記事等も参考にしてみてください!

 

AO/総合型選抜の理解を深めたい方へ

AO/総合型選抜の理解を深めたい方へ

面接対策はこちら

小論文対策はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました